雨の日に気分が落ち込むのは低気圧が原因だった?【ちょいイケ!】

ちょいイケ!
スポンサーリンク

雨の日に気分が落ちる「雨のうつ」の正体とは?

先に答えをお伝えしておきます、雨のうつの正体は「低気圧」です

「今日は雨かぁ。テンション下がるなぁ」とカーテンを開けて呟いたことないですか?

「空が暗い」「服や靴が濡れてしまう」「蒸し暑い」「傘を持つのがめんどう」

このような心理・社会的要因だけなのでしょうか?

雨が降っているとテンションが下がる。なぜなんだろう?純粋に気になって調べてみました。

カギを握っているのは「自律神経」

自律神経ってフレーズ聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

一言でいうと、内臓、血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整える神経です。
自律神経は、すべての内臓、全身の血管や分泌腺を支配しています。
知覚・運動神経と違って、私たちの意思とは関係なく独立して働いているので、内臓や血管を私たちの意思で自由に動かす事は出来ません。

medicalanime.jp さんから引用させていただきました。

たにしっと
たにしっと

ネガティブなお話しですけどみなさんも気になったことありませんか?

原因と対策もしっかりとお伝えしますので安心してください。

落ち込むことだってありますよ、だって人間だもの。

自律神経が低気圧を感じて体に影響をあたえる

自律神経が低気圧を感じて体に影響を与えているみたいです。

  • 呼吸から「酸素が薄い」
  • 眼から「光が少ない」
  • 内耳の三半規管が「気圧が低下した」など…

気象条件を感知し「活動に適さない環境」と判断。

副交感神経を優位に働かせた体を「リラックスモード」に切り替えてしまいます。

  • 血圧、血糖、心拍の低下
  • 疲労感、意欲の低下
  • 分泌、排泄機能の活性化
  • 食欲増加、消化吸収の促進
  • 心身のリラックス

低気圧になり、だるさ、倦怠感、眠気などの症状を感じるのはこのためです。

たにしっと
たにしっと

雨の日に気分が落ちるのは体の仕組みで

ちゃんと解説出来ちゃうのは驚きですよね

意地悪な上司に精神論を語られてもコレを知っておけば

右から左にながせてストレスも半減ですね!

低気圧でからだに影響が出やすい人の4つ特徴

  • 内耳(耳の奥)が敏感
  • 睡眠不足、または睡眠過多
  • 疲労が溜まっている
  • 自律神経のバランスが崩れやすい

一番最後に自律神経のバランスが崩れやすいと書いていますが
個人的に上の3つのバランスが取れていないと自律神経が乱れていくと考えています。

たにしっと
たにしっと

自律神経が影響を与えるのは理解したけど

どうやったら自律神経を整えることができるのか?

朝起きたら日光を浴びよう

朝起きたら面倒でも日光に浴びる習慣をつけてみよう。

目からの光の刺激を入れることで体内で「セロトニン」が活性化されます。

「幸せホルモン」とも呼ばれる神経伝達物質のセロトニンは、自律神経を整える働きがあります。

陽射しをたっぷり浴びることで体内時計がリセット!

体に活動と休息のリズムも生まれます。そのため、不眠などの症状にも効果的です。

たにしっと
たにしっと

梅雨になるとカーテンを開けたら曇り空

そんな時はどうするの!?

本当に便利な世の中になったと思っています「太陽光を再現した目覚まし時計」

(送料無料)目覚まし時計 光 目覚ましライト YABAE Wake Up Light デジタル めざまし時計 LED 自然音 ウェイクアップライト ベッドサイドランプ アラーム MY-09
価格:4680円(税込、送料無料) 楽天で購入

こんなものあるのか!?!?

梅雨に備えて先に対策を打っておくのは賢い選択だと思います。

軽い運動をする

適度な運動はストレス解消にもつながります。体を動かすことで心臓から血液が送り出されて

セロトニンをはじめとした神経伝達物質が活性化し、爽快な気分になれるのです。

急にハードな運動をすると心身に負荷を与えてしまうリスクがあるので

散歩やウォーキング、ストレッチなど無理のない範囲で体を動かしていきましょう。

雨などで足下が悪い場合は自宅で腕立て伏せや腹筋、ストレッチなど

汗ばんで気持ちいい程度で慣らしていきましょう。

たにしっと
たにしっと

ブログも運動も継続が大事ですよね。

負荷をかけすぎず無理のない範囲で継続をしていきましょう!

食生活の改善をする

自律神経を整えるためには、食事も大切です。

・栄養バランスのとれた食事

日々の食事からとる栄養は、自律神経のバランスにも大きく関わっています。

特に積極的にとりたいのは「ビタミン」や「ミネラル」といった、

普段の食事では不足しがちな栄養素、外食やインスタント食品中心の生活になっている方は

栄養バランスを整えることを意識して食生活を見直してみましょう。

・セロトニンの生成に必要な栄養素をとる

「朝起きたら日光を浴びる」や「軽い運動をする」でも登場したセロトニン。

このセロトニンが多ければ多いほど良質な睡眠をサポートするホルモン「メラトニン」の分泌を促進させます。そのため、メラトニンの分泌をスムーズに行えば、良質な睡眠にもつながり結果として
自律神経のバランスも整えることができます。

しかし、セロトニンは体内で貯蔵することが出来ません。

食べ物からセロトニンを生成する栄養素を摂取することがポイントです。

必須アミノ酸の「トリプトファン」「ビタミンB6」「炭水化物」の3つとなっています。

・トリプトファンが含まれる食品

豆腐・味噌・納豆・しょうゆ などの大豆製品

チーズ・牛乳・ヨーグルト などの乳製品

米などの穀類にくわえてごまやピーナッツ、卵、バナナにも含まれています。

・ビタミンB6が含まれる食品

赤みの魚・ヒレ肉・ささみ などの油が少ない肉類

バナナ・パプリカ・さつまいも・玄米 などの植物性の食品

※ビタミンB6の1日に推奨される摂取量は成人男性で1.4mg、成人女性で1.2mg
タンパク質の摂取量の増加に伴って、ビタミンB6の必要量も増加します。

・炭水化物

白米やコーンフレーク などの穀類

たにしっと
たにしっと

炭水化物を摂取するのは得意ですね(笑)

自律神経を整える目的じゃなくても

食事を意識すると健康的になれますね。

まとめ

本日のまとめ!

  • 雨のうつの正体は「低気圧」
  • カギを握っているのは「自律神経」
  • 整えるために必要になるのは「セロトニン」

たにしっと
たにしっと

雨の日に落ち込むのは悪い事ではないです。

梅雨の時期をうまく乗り越える為には対策が必要なのでは?

取り組めそうなものをうまく取り組み自分のライフスタイルを

素晴らしいものに変えていきましょう。

雨の日をすきになる努力をはじめてみようかな。たにを

たにしっと

コメント

タイトルとURLをコピーしました